東京デートシティ

ディズニーランドを遊び尽くした僕が、TDRやデートスポットについて書くブログ

イッツ・クリスマスタイム!のスニークを見た感想

ディズニークリスマス2018@東京ディズニーシーの新ショー「イッツ・クリスマスタイム!」が公開されましたので早速見てきました。


まず初めにネタバレ嫌な方は読まないでください。


f:id:stepto20xx:20181114230116j:plain

生歌あり、ラインダンスありの本格的なクリスマスショー


このショーなんと外国人シンガーによる生歌があります!


f:id:stepto20xx:20181108204305j:plain
シンガーは男性も女性もいました。


ファッショナブルイースターではMCが生セリフでしたが、ハーバーショーで生歌によるものは初めてではないでしょうか。


ディズニーオタクが大好きな「ウェルカムトゥクリスマス」がとても素敵で少しウルっときてしまいました。


f:id:stepto20xx:20181107170322j:plain


f:id:stepto20xx:20181107171205j:plain


ダンサーもたくさん登場して、ラインダンスのシーンなどもあり、キャラクター以外を見るのも楽しいと思います。


ダンサーファンの方々は忙しいかもしれませんが・・・。


昨年までの「パーフェクトクリスマス」は明るくポップな感じと比べると「イッツ・クリスマスタイム」は少し大人っぽく落ち着いた雰囲気がある印象を受けました。



キャラクターはハーバー全体を移動する


今までのハーバーショー同様、キャラクターたちはザンビ前、ミッキー広場、リドアイルなど各エリアに幅広く登場していました。


各キャラクターの移動の詳細はつかめていませんが、満遍なく見れるのかなと言った感じです。

ただしダッフィーアンドフレンズは船から降りません。


ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、ステラルーはショーの後半でサンタクロースと共に登場しますが、船の上に乗ったままで上陸しませんでした。


船は七夕グリーティングに登場した新しい船です。


その後ショーの最後にミッキー、ミニー、プルートを乗せて帰っていきます。


また帰っていく際も、ハーバーを一周することなくリドアイル方面に向かいましたので、ザンビ側では最後ミッキーやダッフィーたちを近くで見ることができません。


f:id:stepto20xx:20181107170324j:plain
大集合しているのはとても可愛らしい。

今回はザンビ前〜ミッキー広場のあたりをうろうろして見ていたので、ドナルドやグーフィーなど他のキャラクターがどのように帰っていくかは不明です。



ミッキーの声が変わっている


f:id:stepto20xx:20181108204533j:plain
90歳で声変わりしたミッキーマウス


スプーキーブーの時に話題になっていたミッキーの声ですが、このショーでも新ボイスになっていました。


僕はスプーキーブーちゃんと見てなかったので、ミッキーの新しい声初めて聞いたけど、なんか違和感すごいですね(笑)


ミニーの声が変わった時以上の違和感でした。


誰が喋っているのか一瞬わからなかったです。

抽選に外れると鑑賞が難しいかも

イッツ・クリスマスタイム!は抽選に外れると立ち見するしかない


TDR公式ホームページのよくある質問にも立見と記載があります。

 恐れ入りますがメディテレー二アンハーバー周辺にて、立ち見でご鑑賞いただきます。
詳細(お待ちいただける場所や時間)は当日キャストにご確認ください。

【公式】【イッツ・クリスマスタイム! 】抽選に外れたら、どうすれ…|スペシャルイベント/プログラム/キャンペーン|よくあるご質問|東京ディズニーリゾート


抽選に外れた場合、よく見える場所があるのかが少し気になりました。


今日はミッキー広場はプレス(マスコミ)の鑑賞場所となっていましたが、広場後方の立ち見が溢れていました。


一眼レフの望遠で隙間から撮ることはできたけど、肉眼で見える人は殆どいないような気がします。


f:id:stepto20xx:20181108203534j:plain
ミラコ下を出た辺りからステージまで通路以外は立ち見で埋まっている状態です。


ファミリーエリアは自分で確認していませんが、Twitterによるとミッキー広場からリドアイルに向かう坂に設けられているようです。


せっかくのいいショーなのに見えなかったら本末転倒ですよね。


www.tokyo-date-city.com

おわりに

ざっと書きましたが、スニーク時点での感想になりますので、今後鑑賞方法など変更される場合があるかもしれません。


というより鑑賞方法は大いに変わる可能性が高いと思う!