東京デートシティ

ディズニーランドを遊び尽くした僕が、TDRやデートスポットについて書くブログ

はじめてのディズニーデートで彼氏が気をつけたいポイント2つ

「カップルでディズニーに行くと別れる」

について、前回の記事に書きました。



ディズニーデートすら上手くできないのはヤバいと言いましたが、


では、初めてカップルでディズニーに行く際、
どのようなことをすればいいのでしょうか?
 

今回は彼氏の立場で必要なことや、アドバイスを書いてみようと思います。

 

彼氏が気をつけるポイントは2つ!

ディズニーに詳しくなくても大丈夫!

男の子でディズニーランド、シーに詳しい人って、あんまりいないですよね。


「男の子がリードすべき」なんて意見もあるけど、ディズニーのあれこれに詳しい必要はないです。


ディズニーの小ネタなんて、女の子の方がよっぽど詳しいですから。


そのかわり、
楽しむ姿勢を全開にしよう!

 

TDRの来場者の7割が女性です。


女の子ウケが良いように作られてますので、

男の子がつまんないなとか興味ないなって思うことも、多々あるでしょう。


「パレードとか早く終わんねぇかな」とか心の中で呟きたくなるかもしれません。


でも、せっかく初めて2人で来たんですから、一緒に楽しんだ方が、2人の仲も絶対深まります!

もしかしたら、思わぬディズニーの魅力に取り憑かれるかもしれませんよ?

 

彼女のことを気にかけるのがめっちゃ大事!

ディズニーに行くと、やっぱりたくさん歩くから疲れますよね。

特に今年の猛暑のような日に行くと、普段の数倍疲れます。


そんな時に男の子が「疲れた」とか連発するのはよくあるらしいですが、それは論外です!


女の子の方が体力ないカップルが殆どです。

でも、女性の中には「疲れたから、休憩したい」って思っても、言い出せない子もいるはず。


なので、あなたは女の子の状態をよく見て、気にかけてあげましょう!


「疲れてない?大丈夫?」とか「ちょっとジュース飲みながら、休憩しよっか!」など、
こういうところでのリードは重要です!

 
余談ですが、こういう優しさの気遣いは付き合う前の女の子と2人でデートする際などにも、使えます!


有名な恋愛本「LOVE理論」の中で「うわっつらkindness理論」と言われる恋愛テクですので、デートにあまり自信のない男性は一読すべし!

まとめ

ディズニーデートは彼女と一緒に楽しむことが大事です


女の子は口癖のように「ディズニー行きたい」と言いますから、
ディズニー大好きな子がほとんどです。


好きな人の好きなことは一緒に楽しめる男になろう!

しっかりと彼女のことを気にかけよう。

彼女が「疲れた」と言わなくても、顔の表情とか目を見れば、多少は感じるものです。


そんなサインをしっかり汲み取ってあげましょう。


女子の不満は蓄積されますから、そのうちあなたの可愛い彼女だって
「あのとき気が付いてくれなかったじゃん!」
って言い出すかもしれませんよ?


でも、嫌われたどうしようと不安になって、媚びるように下手に出る必要はないです。


アドラー心理学でいうと、
彼女があなたを嫌うかどうかは「彼女の課題」だから。


あなたのできることをしっかりやっておけばいいです。

おわりに

僕のまわりでもパレードとかショー好きな男友達ってほとんどいないです。


現地でも死んだ魚のような目で、パレードをつまんなそうに見ている

彼氏、家族連れのパパってよく見かけるんですよ。


以前、閉園間際に大学生くらいのカップルに写真を頼まれたことがあり、
彼女は本当に笑顔で楽しそうでした。


でも、彼氏はその逆で「まだ写真撮るの?」みたいな顔をしていて、
なんだかその彼女が本当に可哀想でしたね…。


そんなことから、このような記事を書いてみました。


1組でも多くのカップルがディズニーデートを楽しめたらいいなと思います。


さぁ、ディズニーデートをたのしもう!